Home » おすすめ観光 » 見る・遊ぶ » 大山寺阿弥陀堂

大山寺阿弥陀堂観光

大山寺最古の建築物

室町末期の天文21年(1552年)に再建されたといわれる。本尊は、1131年に大仏師良円によって造営されたと言われる丈六(2.79メートル)の木造阿弥陀如来で、両脇には観音と勢至の両菩薩も安置。建物、仏像とも国の重要文化財。4月から11月の毎月18日のみ一般公開あり(有料)。

名称
大山寺阿弥陀堂
所在地
鳥取県西伯郡大山町大山
営業時間
境内自由(堂内は予約制)
電話番号
0859-52-2158(大山寺)
  • アクセス
  • JR米子駅から路線バス約50分「大山寺」下車、大山夏山登山道を徒歩約15分